今流行りのアイランドキッチンを徹底解剖

気になる流行りのものを徹底調査!

アイランドキッチンってどんな感じなの?

オシャレなお家で見かけるアイランドキッチン。 そのオシャレな雰囲気に憧れをもち、こんなキッチンで料理をしてみたい!と思う方も多いですよね。 実際にアイランドキッチンを選んだ人はどこに魅力を感じたのでしょうか? まずはその魅力を1つ1つご紹介していきます!

アイランドキッチンのここが良い!自慢したくなる魅力とは

アイランドキッチンは対面キッチンの1つ。
対面キッチンはアイランドキッチンを合わせて5つに分類することが出来ます。
まずは、その対面キッチンについてご紹介していきます。

・アイランドキッチン
「オープンキッチン」と言われると、このアイランドキッチンをイメージする人も多いですよね。
壁から独立しており広々と使えて、オシャレな印象を与えます。

・ペニンシュラキッチン
こちらのキッチンはアイランドキッチンの左右どちらかが壁と接している形をしています。
アイランドキッチンのオシャレな雰囲気を持ちながらも、スペースを節約することが出来るので狭いお家でも実現しやすく人気のキッチン。

・Ⅰ型キッチン
コンロからシンクまで一直線上にあり、上から見た形が「Ⅰ」のようなキッチン。
多くのご家庭で使われている対面キッチンです。
キッチンの前に腰壁と呼ばれるカウンターがあるのでアイランドキッチンやペニンシュラキッチンより開放感が少ないです。
このことから、オープンキッチンではなくセミオープンキッチンと呼ばれることも。
しかし、この腰壁があるおかげでリビングからキッチンの手元が見えないので、料理中に出たゴミなどをリビングから見られるのを防ぐことが出来ますよ。

・セパレート型キッチン
シンクとコンロが別々になっているキッチンで、上から見た形からⅡ型キッチンと呼ばれることも。
シンクとコンロが離れているので多人数で同時に他の料理をするなど効率よく料理することが出来ます。


・L型キッチン
上から見た形がL字のようになっているキッチンで、I型キッチンなどと比べて大きく存在感あり。
スペースをとってしまいますが、その分広く効率的に料理を進めていくことが出来ます。
しかし、L時の角の部分はデットスペースとなってしまい、収納などができないなどの欠点もあります。

意外なアイランドキッチンの落とし穴

アイランドキッチンの魅力を知ると、自分の家にもほしいと思ってしまいますよね? そんな自分の家にもほしい!と思った方は必見。 アイランドキッチンには知っておきたい、いくつかの注意点があります。 自宅に導入する前に確認しておくべきアイランドキッチンのデメリットをご紹介します。

実際に導入したときに必要な費用やスペースは?

アイランドキッチンについて知っていくと、自分の家にほしくなりますよね。 では、 実際にアイランドキッチンを導入するときはどうしたら良いのでしょうか? 費用やスペース・・・気になることがたくさんありますよね。 それでは、アイランドキッチンを実際に導入するときに必要になることをご紹介していきます。